海のお仕事図鑑商船高等専門学校で学ぶ海技士のお仕事商船高等専門学校で学ぶ海技士のお仕事

商船高等専門学校で学ぶ海技士のお仕事

商船高等専門学校で学ぶ海技士のお仕事の特徴商船高等専門学校で学ぶ海技士のお仕事の特徴

「海技士免許を取得して大型船舶の航海士として働く」

日本は四方を海に囲まれた海洋国家です。最近では飛行機での移動がごく普通のことになりましたが、50年ぐらい前までは、人も物も情報も船と鉄道を使って行き来していました。日本人は太古の昔から船で大陸や島々との交易を行ってきましたし、今でも輸出入の大半は大型のタンカーや貨物船によって行われています。
船の操縦は、陸上を走る自動車の運転とは違った難しさがあります。
中でも大型の船舶を操るには様々な知識と技術が必要で、海の運転免許「海技士免許」(国家資格)が必要です。

海技士免許を取得し大型船舶の船員を目指す人にさらに一言海技士免許を取得し大型船舶の船員を目指す人にさらに一言

総トン数20トン以上の船で働くには海技士という資格を取る必要があります。
海技士免許は国家資格で、航海士、機関士、通信士、電子通信士の4種類があり、目指す等級によって試験の難しさが変わります。
海技士免許を取るには一定期間の乗船実習を終えていることが条件になります。
そのため、独学で海技士を目指すのはとても大変で、商船高等専門学校に進学するのも選択肢の一つですね。
高等専門学校、略して高専(こうせん)は卒業したらすぐに現場で専門的な仕事ができる技術者を育てる5年制の高校です。全国に国公私立合わせて57校あり、商船高専はその内の5校です。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

商船高等専門学校で学ぶ海技士のお仕事の1日

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート