海のお仕事図鑑海岸線を守るお仕事海岸線を守るお仕事

海岸線を守るお仕事

海岸線を守るお仕事の特徴海岸線を守るお仕事の特徴

「消波ブロックの製造と港湾管理」

消波ブロックという名前は馴染みが薄いと思います。防波堤の上に立って海側の足元を見ると、コンクリートでできた巨大な積み木のようなものがたくさん積み重なって並んでいますね。あれのことです。
波をまともに受ける海岸線では、日々侵食が進みます。それを防ぐために置かれるのが消波ブロックです。
平面的なもの、立体的なものなど、形は様々ですが、そのほとんどは1トン〜80トンと巨大です。そのため、輸送コストがかかるので、設置する海岸や河川などの近くに場所を作り、現地で製造されるのが普通です。
消波ブロック作りは、港を守り管理するお仕事です。

海岸線を守るお仕事を目指す人にさらに一言海岸線を守るお仕事を目指す人にさらに一言

戦後の日本は、高度経済成長とともに電力需要も飛躍的に伸び、多くの河川で多くのダムが造られ、また河川の流域でも水害対策で護岸がコンクリート化されました。その結果、河川からの土砂の流出と堆積が減り、新しい砂が来ない海岸線の侵食が一層進みました。
消波ブロックの寿命は約50年と言われています。1960年代から1970年代の高度経済成長期に設置された大量の消波ブロックが一斉に寿命を迎え流時期になっています。これから、需要が増える業界と言われる反面、利益率が低いとも言われ、護岸工事などの土木会社の一部門的な場合が多い職場です。
新しい素材や設計で、飛躍的に効果の高い消波ブロックを発明したい、なんて夢を持てたら楽しいですね。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

海岸線を守るお仕事の1日

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート