海のお仕事図鑑深海に住む生き物の飼育するお仕事深海に住む生き物の飼育するお仕事

深海に住む生き物の飼育するお仕事

深海に住む生き物の飼育するお仕事の特徴深海に住む生き物の飼育するお仕事の特徴

「蟹(カニ)の水族館」

最近は、未利用魚の有効利用が話題になっています。そのような中で、深海魚をいかに美味しく利用するか?という研究も盛んです。
深海魚というと数百メートルの海底付近に住むグロテスクな魚というイメージですが、実はカニやエビも立派な深海の魚介類です。
鳥取県にはカニばかりを集めた水族館があります。専門のスタッフが地元の名産ズワイガニや巨大な高足ガニを飼育して、深海生物としてカニの仲間の生態を観察研究しています。全国には、クラゲ専門、ペンギン専門、クジラ・イルカ専門、エビとカニ専門など専門性の高い水族館が増えてきています。
海の生き物と人間の関係を探り、海洋環境保全のヒントが見つかることが期待されますね。

深海に住む生き物の飼育するお仕事を目指す人にさらに一言深海に住む生き物の飼育するお仕事を目指す人にさらに一言

北陸から山陰地方にかけての日本海では、秋から冬にかけて蟹が美味しい季節を迎えます。この地域の特産は「ズワイガニ」ですが、水揚げされる港や地域ごとに呼び名が変わります。名産地として名高い鳥取県から島根県、兵庫県、京都府辺りでは「松葉ガニ」と呼ばれます。福井県では「越前ガニ」ですが中でもメスは「セイコガニ」と呼ばれ珍重されます。石川県で水揚げされたズワイガニは「加納ガニ」でメスは「香箱ガニ」と呼ばれます。
それ以外にも、京都府丹後半島の間人漁港で上がるものは地名をとって「間人(たいざ)ガニ」、兵庫県豊岡市の津居山港では「津居山ガニ」と呼ばれどちらも水揚げが少なく新鮮で希少ブランドです。港ごとに競ってブランド化するのは、この時期のズワイガニが美味しくて観光客を呼べるからですね。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

深海に住む生き物の飼育するお仕事の1日

海のお仕事体験レポート

【海のお仕事体験レポート】は、皆さんのお仕事体験の様子を動画とレポートで紹介し、
海にまつわる多彩なお仕事を解りやすくビジュアルで紹介していきます。

おしごと内容おしごと内容

参加者と関係者による入社式後に自己紹介や海プロの説明等の後このあとに行うイベント「カニの折り紙づくり」での担務分けや折り紙練習を行う。
折り紙は事前に資料を送っており各自練習もしてくれていた。その後館内でイベント補助開始。
約40分程度スタッフの指導のもと受付業務やイベント参加者へ折り紙指導を行う。次に館内の生き物の飼育体験を行う。具体的には水槽の清掃や餌やり。
餌やり時にはそれぞれの生き物の生態や環境の大切さも教わる。
最後に最近保護されたばかりのウミガメに特別に餌やりも行わせてもらう。
このあとの終了証授与式では参加者や館長の感想も話してもらった。

こどもたちに伝えたことこどもたちに伝えたこと

生き物の大切さ・生態・・・それぞれのエサの違いや食べ方・生態の違い
環境問題(ゴミ)・・・ビニールをクラゲと間違えて食べて死んでしまう等
仕事の魅力(楽しさ)・・・人に教えることの楽しさ・難しさ等

こどもたちの感想レポートこどもたちの感想レポート

  • スタッフの大変さがわかった
  • 水族館の仕事に興味を持った、やってみたい
  • 受付で声を出して人集めが恥ずかしかったが楽しかった
  • 生き物の違いがわかった

受け入れ先の感想レポート受け入れ先の感想レポート

時間が経つにつれ、スタッフから言われなくても自ら声を出してイベント参加者集めをしたり、折り紙のやり方を指導する姿が見られて良かった。
少人数なのもお仕事体験会としてはうまく機能したと思う

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート