海のお仕事図鑑海と自然の楽しさを伝えるお仕事海と自然の楽しさを伝えるお仕事

海の自然ガイドのお仕事

海と自然の楽しさを伝えるお仕事の特徴海と自然の楽しさを伝えるお仕事の特徴

「南の島のマリンガイド」

日本は縦に長い国土を持ち、北は北海道から南は沖縄までたくさんの観光地があります。沖縄や小笠原など南の島々は世界有数の綺麗な海に囲まれ、年間を通してダイビングやマリーンスポーツで賑わっています。
その一方で自然環境の保全を求める声も高まっています。島々を訪れる観光客に、自然との付き合い方を教え、共に楽しむ「海の自然ガイド」の役割が重要になっています。
一緒に海辺を歩き、海の生物について語り、海を守る意味を伝えてゆきます。

海と自然の楽しさを伝えるお仕事を目指す人にさらに一言海と自然の楽しさを伝えるお仕事を目指す人にさらに一言

南の島沖縄は世界有数の美しい海に囲まれ、豊かな自然が残されたところです。沖縄の古い方言に「イノー」という言葉があります。サンゴ礁に囲まれた浅瀬の海のことで、サンゴの島沖縄を象徴する自然の生き物がたくさん暮らす豊かな場所です。
熱帯の魚は勿論、エビ、カニ、ヤドカリ、クラゲ、ウニ、ナマコ、貝類、フジツボ、ヒトデ、ウミウシ、海藻類などがサンゴと共生しています。
最近世界各地の海で問題になっているサンゴの白化現象は、海洋環境汚染や地球温暖化による水温の上昇や水質の変化が原因と言われています。サンゴが色鮮やかで健全に育つ海を守るためにも、イノーの生物たちを保護する意義は大きいです。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

海と自然の楽しさを伝えるお仕事の1日

海のお仕事体験レポート

【海のお仕事体験レポート】は、皆さんのお仕事体験の様子を動画とレポートで紹介し、
海にまつわる多彩なお仕事を解りやすくビジュアルで紹介していきます。

おしごと内容おしごと内容

まず海のガイドにあたり、危険な生き物や海のガイドに適した時間帯、やってはいけないマナーなどの座学を体験。海の知識をある程度理解したうえで、実際に海へ出てガイド体験。観察会のみに参加していた子に対してどのように海の魅力を伝えるかガイドの仕事を体験してもらいました。

こどもたちに伝えたことこどもたちに伝えたこと

海のガイドの仕事は海の楽しさ、美しさ、怖さを多くの人に知ってもらうことです。海の知識を幅広く備えることはもちろん、安全にガイドするために受入れ準備を大切にしています。海の事前視察、海岸に隣接する建物や公衆トイレの有無などもチェックし、沖縄の海に親しんでもらうガイドの仕事の面白さを伝えました。

こどもたちの感想レポートこどもたちの感想レポート

  • 準備とか大変だけど海の魅力を伝えるガイドさんの仕事 は面白そう。
  • 小さいカニとか絶滅危惧種も見れて楽しかった。
  • ガイドの仕事をして、多くの人に沖縄の海を知ってもらえるのはいいことだと思った。

受け入れ先の感想レポート受け入れ先の感想レポート

海のガイドの仕事を通じて、子どもたちに沖縄の海の希少性と大切さを知ってもらうことができた。安全に海を楽しむこと、自然や生き物に対する気配りの大切さがガイドの仕事には必要だと伝えられた。いつか海のガイドの仕事を担う大人になってくれたら嬉しいです。

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート