海のお仕事図鑑港湾工学のお仕事港湾工学のお仕事

港湾工学のお仕事

港湾工学のお仕事の特徴港湾工学のお仕事の特徴

「水理実験研究員の作業」

「水理」とは、普段あまり聞きなれない言葉ですが、水の通り道・水の流れといった意味で使われます。「理(ことわり)」という字には筋道という意味があるからです。
今回は、新潟県にある日本最大級の水理実験場で海水の流れ・波の影響について研究するお仕事を体験します。
水の力は大変強く、打ち寄せる波の力で港湾や砂浜は侵食されます。水理実験場では、潮の流れや波の動きを予測するために様々な実験を行い、護岸の補強、消波ブロックの配置場所などについて研究しています。

港湾工学のお仕事を目指す人にさらに一言港湾工学のお仕事を目指す人にさらに一言

海水は波となって海岸線に打ち寄せます。
一口に波といっても刻一刻と変化をしています。朝夕の潮の満ち引き、季節ごとに変わる海流の影響、台風や寒波などの気象条件によっても高くなったり強くなったり、向きが変わったりします。常に波が打ち寄せる岸壁は様々な圧力を受けて侵食が進みます。港湾施設を守り、砂浜の流出を防ぐには海水の動き、波の強弱を正確に知る必要があります。
地球温暖化によって海水温が大きく変化し、異常気象による水害被害が多発する現在、港湾工学の必要性はますます高まっています。
水理実験に基づく海水の挙動予測は可能性に満ちた学問・研究分野です。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

港湾工学のお仕事の1日

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート