海のお仕事図鑑高校の水産科で学ぶ船乗りのお仕事高校の水産科で学ぶ船乗りのお仕事

高校の水産科で学ぶ船乗りのお仕事

高校の水産科で学ぶ船乗りのお仕事の特徴高校の水産科で学ぶ船乗りのお仕事の特徴

「海技士免許を取得して大型船舶の通信士として働く」

船員になるにはとてもたくさんのことを学ばなければなりません。船の運航技術や動力・機械の使い方などについて、理論と実務を身に付けなければなりません。
特に、20トン以上の大型船を操るには、航海士、機関士、通信士などの海技士免許を取らなければなりません。
現代の船舶は近代的な装備で作られていて船舶の制御もほとんどコンピュータ化されています。とは言え、乗組員の基本的な操船技術は必要です。
無線通信、モールス信号、六分儀と海図を使った船の運航方法など、船を動かす基本技術は、海洋と自然に対する理解が基本となった昔ながらの必要な技術です。

航海士、機関士など船乗りを目指す人にさらに一言航海士、機関士など船乗りを目指す人にさらに一言

船の運航や漁業に必要な機械の発達には目覚ましいものがあり、ほぼ自動で作業ができるほどになっています。衛星GPSや魚群探知機の進化は漁業の効率化に役立っています。
とはいえ、機械が発達したからと言って漁獲高まで誰でも同じになる訳ではありません。嵐の時の船の運航も最終的には船長の判断と船員の技術と経験がモノを言います。
例えば、船舶電話や無線に不具合が生じた時に確実な通信手段はモールス信号や手旗信号です。
GPSが使えない時は天体観測と海図が航海術の基本となります。高校の水産科で海技士を目指す学生さんたちは、練習船の体験航海でこれらの技術を実習します。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

高校の水産科で学ぶ船乗りのお仕事の1日

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート