海のお仕事図鑑おいしい魚を開発するお仕事おいしい魚を開発するお仕事

海の資源を守り魚食文化に貢献するお仕事

おいしい魚を開発するお仕事の特徴おいしい魚を開発するお仕事の特徴

「水産試験場は新品種の開発と卵・稚魚の提供を行う」

全国の自治体には水産や農林の試験場があり、漁業や農業で働く人たちの役に立つ研究が行われています。
海の無い長野県の水産試験場は、大正5年に設立された当時の研究テーマが魚のふ化でした。今から90年も前に海に負けない魚の開発を研究していたのですね。
現在は「信州サーモン」というブランド品種の開発に成功して、海産物に負けない魚を世の中に送り出しています。海の資源に頼らぬ地産地消魚に期待が集まっています。
美味しい魚を開発して、皆さんの魚離れを食い止めて、漁業大国日本の復活を目指す心強いお仕事が水産試験場です。

おいしい魚を開発するお仕事を目指す人にさらに一言おいしい魚を開発するお仕事を目指す人にさらに一言

品種改良や新品種の開発というお仕事は大変な苦労を伴います。
元になる魚の特性を研究して掛け合わせという作業を行いますが、自然の生き物が対象ですから、事前に考えた予想通りの結果が得られるとは限りません。掛け合わせの結果が出るまでにはかなりの時間がかかります。
肉厚で美味しいブランド魚「信州サーモン」は、ニジマスのメスとブラウントラウトのオスを掛け合わせて、特殊な技術を使って生まれますが、新技術が成功するまでに10年の研究開発期間がかかっています。
ブラウントラウトは、シューベルトの有名な歌曲「ます」のモデルになった魚と言われていますが、実は侵略的外来種として嫌われ者です。それを有効に活用する技術は、大いに注目を集めています。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

おいしい魚を開発するお仕事の1日

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート