海のお仕事図鑑海のプロスポーツ選手のお仕事海のプロスポーツ選手のお仕事

海のプロスポーツ選手のお仕事

海のプロスポーツ選手のお仕事の特徴海のプロスポーツ選手のお仕事の特徴

「プロサーファーのお仕事」

海のスポーツのことをマリンスポーツと呼びます。最近の大きな話題はサーフィンが2020年の東京オリンピックの正式種目に採用されたことですね。サーファーとはボードで波に乗る技術を競い観客に披露する職業です。
サーフィンは1600年ほど前にポリネシア人が始めたと言われています。ハワイやアメリカ西海岸がメッカと言われていますが、日本でも戦前からサーフィンが行われていたそうです。昭和13年に、江ノ島で波乗りをする写真が残されています。戦後、日本を占領していたアメリカ兵の影響でサーフィンを始める若者が増えていきます。1960年代にはプロのサーファーが登場します。同時に国産のサーフボードを作るプロの職人も現れ、プロのマリンスポーツブームの幕開けとなります。

海のプロスポーツ選手のお仕事を目指す人にさらに一言海のプロスポーツ選手のお仕事を目指す人にさらに一言

サーフィンというスポーツの起源は西暦400年ごろのポリネシアと言われています。今から1600年も前の古墳時代のことですね。
当時はスポーツと言うよりも移動手段だったようです。丸太のカヌーで魚とりに出かける時、大波でも船を上手く操る技術がサーフィンの原型です。その後、ポリネシア全域に広まりました。ジェームス・クック船長のタヒチ、ハワイ訪問が契機となりヨーロッパ人宣教師がポリネシアに移住してきます。彼らはポリネシア文化を野蛮なものとみなしサーフィンも禁止されます。20世紀に入り再びサーフィンは復活し、人気のスポーツとなっていきます。現在では、ウインドサーフィン、パドルボード、ボディボードなど様々なサーフィン競技が派生し、プロから子供まで波乗りを楽しめる時代になっています。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

海のプロスポーツ選手のお仕事の1日

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート