海のお仕事図鑑海のプロスポーツ選手のお仕事海のプロスポーツ選手のお仕事

海のプロスポーツ選手のお仕事

海のプロスポーツ選手のお仕事の特徴海のプロスポーツ選手のお仕事の特徴

「プロサーファーのお仕事」

海のスポーツのことをマリンスポーツと呼びます。最近の大きな話題はサーフィンが2020年の東京オリンピックの正式種目に採用されたことですね。サーファーとはボードで波に乗る技術を競い観客に披露する職業です。
サーフィンは1600年ほど前にポリネシア人が始めたと言われています。ハワイやアメリカ西海岸がメッカと言われていますが、日本でも戦前からサーフィンが行われていたそうです。昭和13年に、江ノ島で波乗りをする写真が残されています。戦後、日本を占領していたアメリカ兵の影響でサーフィンを始める若者が増えていきます。1960年代にはプロのサーファーが登場します。同時に国産のサーフボードを作るプロの職人も現れ、プロのマリンスポーツブームの幕開けとなります。

海のプロスポーツ選手のお仕事を目指す人にさらに一言海のプロスポーツ選手のお仕事を目指す人にさらに一言

サーフィンというスポーツの起源は西暦400年ごろのポリネシアと言われています。今から1600年も前の古墳時代のことですね。
当時はスポーツと言うよりも移動手段だったようです。丸太のカヌーで魚とりに出かける時、大波でも船を上手く操る技術がサーフィンの原型です。その後、ポリネシア全域に広まりました。ジェームス・クック船長のタヒチ、ハワイ訪問が契機となりヨーロッパ人宣教師がポリネシアに移住してきます。彼らはポリネシア文化を野蛮なものとみなしサーフィンも禁止されます。20世紀に入り再びサーフィンは復活し、人気のスポーツとなっていきます。現在では、ウインドサーフィン、パドルボード、ボディボードなど様々なサーフィン競技が派生し、プロから子供まで波乗りを楽しめる時代になっています。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

海のプロスポーツ選手のお仕事の1日

海のお仕事体験レポート

【海のお仕事体験レポート】は、皆さんのお仕事体験の様子を動画とレポートで紹介し、
海にまつわる多彩なお仕事を解りやすくビジュアルで紹介していきます。

サーフィンレッスンを体験する様子

おしごと内容おしごと内容

高鍋町のプロサーファー東川泰明さんのもと、サーフィン体験をしました。参加者の半数以上がサーフィン初体験。
まず5人ずつに分かれ、砂浜でボードの上に立ち基本姿勢を習いました。
海に入って、ボードに立てた子も立てなかった子もいましたが、みなサーフィンの楽しさを実感しました。その後は、水上バイクを使った救助体験。
日頃海で安全に楽しく遊べているのは、ライフセーバーの方のお陰だと感じました。
最後にサーフショップのお仕事を体験し、サーフボードのメンテナンスや、商品陳列をしました。
1日を通じて、海にまつわる様々なお仕事を体験することが出来ました。

こどもたちに伝えたことこどもたちに伝えたこと

サーフィンも、ショップのお仕事も「お客様を笑顔にできる仕事」であること。
より多くの人に笑顔で、安全に海を楽しんでもらえるようにと思いながら仕事をしているということを伝えました。
ライフセーバーのお仕事では事前に事故を防げるよう声かけをするなど、転ばぬ先の杖を心がけていることを伝えました。

こどもたちの感想レポートこどもたちの感想レポート

  • お店を営むには、お客さんに喜んでもらうことが一番大切だと知った。
  • 海により親しみを感じるようになった。海と関わる仕事がしたくなった。
  • 海は楽しい所であると改めて感じた。
  • プロサーファーのお仕事は朝も早く忙しいが、楽しそうだと思った。

受け入れ先の感想レポート受け入れ先の感想レポート

「お客様を笑顔にする」をモットーに仕事をしているので、それを1番伝えたかった。
海は楽しい所で、その場所で働ける幸せを感じてもらえていたら嬉しいです。
その一方危険もあり、そのこともわきまえ注意しながら海で遊んでほしいということを、救助体験で伝えました。
今回の経験で「誰かを笑顔にする仕事」や、「海に関わる仕事」をしたいと思う子が1人でもいて、将来の仕事の選択肢の1つになればと思います。

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート