海のお仕事図鑑海の中の別世界を写し撮るお仕事海の中の別世界を写し撮るお仕事

海の中の別世界を写し撮るお仕事

海の中の別世界を写し撮るお仕事の特徴海の中の別世界を写し撮るお仕事の特徴

「水中の幻想を撮るカメラマン」

最近は、海洋レジャーが盛んになってきました。中でもダイビングは国内外のリゾートや島々で大人気です。人は誰でも美しい海の中を自分で体験したいものです。自分で潜るのは難しくても神秘的で美しい世界を見たい人に人気なのが水中写真です。
水中カメラマンのお仕事では、水中で長時間撮影をするための酸素ボンベが必要ですが、場所によってはシュノーケリングでないと潜れない場所もあります。体力勝負ですね。
皆さんも、今度海に行ったら自分で水中写真を撮ってみてください。楽しさと大変さが良く分かります。苦労して撮った作品はきっと素晴らしい1枚になると思います。

海の中の別世界を写し撮るお仕事を目指す人にさらに一言海の中の別世界を写し撮るお仕事を目指す人にさらに一言

水中カメラマンは今や花形の写真家ですね。本屋さんに行くと、南の島の美しい海の写真集や、可愛い熱帯魚や不思議な生き物がいっぱいの写真集がたくさん並んでいます。テレビ番組やCMでも美しい海の映像が年中放送されていますね。この美しい写真や映像を撮影するのが水中カメラマンのお仕事です。
水中カメラマンになるには、写真の専門学校に入学する、プロに弟子入りする、水中写真の会社に就職するなど、いくつかの方法があります。それ以外にもダイビングガイドになって毎日海に潜りながら写真を撮り続ける方法もあります。独学って言う手もありますが、水中カメラや潜水道具を買い揃えるだけでも結構大変そうですね。
水中カメラマンは海と生き物たちの素晴らしい世界を伝えるやりがいのあるお仕事です。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

海の中の別世界を写し撮るお仕事の1日

海のお仕事体験レポート

【海のお仕事体験レポート】は、皆さんのお仕事体験の様子を動画とレポートで紹介し、
海にまつわる多彩なお仕事を解りやすくビジュアルで紹介していきます。

海中カメラマンのお仕事体験をする様子

おしごと内容おしごと内容

水中カメラマンのお仕事を知るために講師の先生に「お仕事内容」の講習をして頂きました。小学生が実践でシュノーケリングするための、「安全講習」も行いました。
シュノーケリングスポットに移動して、親子でシュノーケリング体験。
5台の水中カメラを準備し、小学生は、ウェットスーツ、水中めがね、ダイビンググローブ、フィン、ライフジャケットを装備し、先生と一緒に水中撮影を実践しました。

こどもたちに伝えたことこどもたちに伝えたこと

  • シュノーケリングとは何か
  • 観察できる海中の生き物について
  • 地元の海の美しさ
  • 海で泳ぐ時の危険
  • 豊かな自然を守る必要性

こどもたちの感想レポートこどもたちの感想レポート

  • たくさんのお魚が見れた。
  • 脚にヒレみたいのを付けると速く泳げた。
  • 海の波がフィリピンから来てることに驚いた。
  • きれいな海にゴミを捨てないようにしようと思った。

受け入れ先の感想レポート受け入れ先の感想レポート

私が小学生の時に、父親に海に連れて行かれた経験が、自身を水中カメラマンにした原点です。
同じように、今日参加した小学生の誰かが、水中カメラマンやダイビングインストラクターになって地元で活動してくれる事を期待しています。

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート