海のお仕事図鑑太陽と風の力だけで塩を作るお仕事太陽と風の力だけで塩を作るお仕事

太陽と風の力だけで塩を作るお仕事

太陽と風の力だけで塩を作るお仕事の特徴太陽と風の力だけで塩を作るお仕事の特徴

「自然の力だけを使って天日塩を作る」

人間にとって『塩』は無くてはならない食品です。大陸に暮らす人たちは「岩塩」という、塩の塊そのものを直接手に入れることができましたが、日本のように岩塩が取れない島国では、海水から塩を作ることを考えました。
海水を鍋で煮て、水分を蒸発させると塩ができるのですが、海水の塩分濃度は約3%です。大量の塩を作るには、膨大な量の薪と時間、労力が必要になります。そこで、塩田というものが考案されます。海岸の近くに海水の田んぼを作り、太陽と風の力を借りて水分を蒸発させ、濃い塩水を作ります。
雨が多く湿度が高い日本では、ほとんどの場合、仕上げは火の力を借りて煮詰めます。
高知県の黒潮町では、恵まれた気候を生かし、最後の仕上げまで火を使わずに太陽と風の力だけで天日塩づくりが行われています。

太陽と風の力だけで塩を作るお仕事を目指す人にさらに一言太陽と風の力だけで塩を作るお仕事を目指す人にさらに一言

塩づくりの歴史は古く、人類創世の時代から続いてきました。太古の昔には、勿論栄養学などはなかったでしょうが、それでも人々は体に必要なものとして塩を口にしてきました。日本では「岩塩」が手に入りませんから、初めは海岸の海藻を燃やして「灰塩(はいじお)」を作り塩分を摂っていたそうです。
その後、灰塩に海水を注いで濃い塩水を作り煮詰めて塩を取る方法が考えられました。
この時の濃い塩水を「かんすい」と呼びます。炭酸ナトリウムや炭酸カリウムなどを多く含んだアルカリ性の水です。
「かんすい」と言う名前は、ラーメン屋さんで聞いたことがあるでしょう?中華麺を作る時にこれを入れると原料の小麦粉に独特の腰が出てラーメンらしい食感になるのです。
因みに、うどんには食塩が入りますが、こちらは中性で麺にもっちり感が出るそうです。
塩も塩水も無くてはならない食品ですね。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

太陽と風の力だけで塩を作るお仕事の1日

海のお仕事体験レポート

【海のお仕事体験レポート】は、皆さんのお仕事体験の様子を動画とレポートで紹介し、
海にまつわる多彩なお仕事を解りやすくビジュアルで紹介していきます。

自然の力だけを使って天日塩を作るお仕事体験をする様子

おしごと内容おしごと内容

【内容】
施設見学・説明
海水・鹹水・苦汁の味比べ
塩の撹拌作業、採塩体験
塩の選別、瓶詰め
苦汁で豆腐作り
苦汁の沈殿物で塩エステ体験
作った豆腐の試食

【レポート】
誰もが口にしたことのある海の恵み「塩」をつくるお仕事を体験。
海の環境が良くないと塩は出来ず、さらには天候にも左右される繊細なお仕事を通して、海の大切さを学びました。

こどもたちに伝えたことこどもたちに伝えたこと

  • 天然海水塩を目の前の海から採取して使用している
  • 天気が続いた日の満潮時のみ海水は採取できる
  • 海が綺麗でないと塩は作れない
  • 未来のためにも海をきれいに

こどもたちの感想レポートこどもたちの感想レポート

  • 塩づくりが環境に左右されるお仕事だということが分かった
  • 海を守っていかないといけないと思った
  • 塩が出来るまでにたくさんの作業があることが分かった

受け入れ先の感想レポート受け入れ先の感想レポート

  • 塩が出来るまでの過程を知ってもらうことが出来た
  • この体験をきっかけに海を大切に思う心を持ってほしい

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート