海のお仕事図鑑遊覧船のお仕事遊覧船のお仕事

遊覧船のお仕事

遊覧船のお仕事の特徴遊覧船のお仕事の特徴

「高松城の内堀遊覧船ガイドは、郷土の歴史と瀬戸内海との関わりを伝える」

香川県の「高松城」は瀬戸内海に面して建っています。現在、天守閣は残っていません。高松港を挟んで、観光客に人気の赤いガラスの灯台“せとしるべ”のちょうど正面に、美しい月見櫓(つきみやぐら)がそびえ立ち、まるで海に浮かぶお城のように見えます。
海に面して築かれた城の中で、高松城は愛媛県の今治城、大分県の中津城と並んで「日本三大水城」に数えられています。中でも高松城はその筆頭格と言われています。
お堀の水は海水がそのまま引き込まれていて、鯛が泳いでいることで有名です。小舟に乗ってお堀をめぐるツアーは大人気で、ガイドさんは、日本一の水城・高松城の歴史と海との関わりを丁寧に解説してくれます。

遊覧船のお仕事を目指す人にさらに一言遊覧船のお仕事を目指す人にさらに一言

「高松城」は日本三大水城の一つに数えられる人気の観光スポットです。中でも小舟に乗ってお堀をめぐる遊覧はとりわけ人気が高く、ガイドさんの説明にも力が入ります。
水中を泳ぐのは池の鯉ならぬ真鯛なので皆さんが驚かれます。高松城は、羽柴秀吉の臣下生駒親正によって築城された当時(天正18年1590年着工)から、お堀に直接瀬戸内海の海水を引き込んでいるのです。
月見櫓のすぐ脇の「水手御門」は直接瀬戸内海に接していて、江戸時代の歴代城主は、この門から小舟で漕ぎ出し、沖に停めた大舟に乗り換えて参勤交代に向かったそうです。
瀬戸内海は四方を陸に囲まれ、比較的穏やかな海です。朝鮮通信使の時代も、北前船の時代も、高松は海運の要所として歴史を刻んできました。水城・高松城の魅力は昔も今も海に向かって開かれていることです。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

遊覧船のお仕事の1日

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート