海のお仕事図鑑鳥を使って魚を獲るお仕事鳥を使って魚を獲るお仕事

鵜飼(うかい)観覧船のお仕事

鳥を使って魚を獲るお仕事の特徴鳥を使って魚を獲るお仕事の特徴

「長良川の鵜飼を影で支える観覧船の清掃保守作業」

皆さん、鵜飼と聞くと長良川と即座に答えますよね。でも、鵜飼は全国で10ヶ所以上で行われています。その中で長良川の鵜飼が特に有名なのは、御料鵜飼として皇室の保護のもとに行われているからです。
鵜飼は鵜匠(うしょう)が鳥の鵜を操り行う鮎漁(あゆりょう)ですが、今では漁業としては採算が取れず観光が主体となっています。伝統の鵜飼を観るために、世界中から年間5万人の観光客が長良川に来ます。
今回は、5月から10月まで5ヶ月間活躍する観覧船の清掃と保守を体験します。鵜飼の鵜は海に住むウミウを捕まえて訓練します。海の環境を守ることは鵜飼の伝統を守るためにも大切なことです。

鳥を使って魚を獲るお仕事を目指す人にさらに一言鳥を使って魚を獲るお仕事を目指す人にさらに一言

鵜飼という漁法は、中国やヨーロッパ、南米でも行われていた記録が残っています。
日本では、日本書紀に神武天皇が観たという記述があります。と言うことは、今から1300年前から行われて来たのですね。長良川の鵜飼は1100年前には行われていて、天皇が鵜飼で獲れた鮎を気に入ったそうです。その後も代々の天皇や織田信長、徳川家康など歴史の主役たちが長良川の鵜飼を気に入り、明治天皇が御陵鵜飼として保護します。
鵜飼の鵜は喉を紐で縛られていて、飲み込んだ鮎がそこに引っかかるようになっています。鵜飼で獲れた鮎は傷がつかず、また鵜の食道の中で一瞬にして気絶するために鮮度が良いのだそうです。天皇が気に入ったのもその美味しさせいでしょうね。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

鳥を使って魚を獲るお仕事の1日

海のお仕事体験レポート

【海のお仕事体験レポート】は、皆さんのお仕事体験の様子を動画とレポートで紹介し、
海にまつわる多彩なお仕事を解りやすくビジュアルで紹介していきます。

紅白飾り幕の清掃体験の様子

おしごと内容おしごと内容

鵜飼シーズン終了直後の後片付け作業のうち、観覧船に飾り付けられた紅白飾り幕の清掃を体験した。
飾り幕の表面に付着した小虫の死骸やクモの糸、雨風による汚れをナイロン製のたわしでこすりとる作業で、丁寧にこすればこするほどキレイになるので地味ではあるが、達成感や参加した感は高い作業です。
キレイにした後、天日に干すまでの流れを行いました。12隻分(12枚)の飾り幕を用意し、参加者13名が3班に分かれて90分間の作業で4枚ずつ仕上げた。
また、船着き場へ向かう小道沿いに設置された長良川鵜飼をPRするのぼり旗30本を備品倉庫に片付けた。当初予定していた、観覧船の備品(コップや座布団)の撤収作業は、川の水位の関係で見送りとしました。

こどもたちに伝えたことこどもたちに伝えたこと

1300年以上の歴史を誇る伝統漁法・長良川鵜飼。5月11日から10月15日までの約150日間、ほぼ毎晩運営をしていくなかで、日々どのような人々が関わっているのか。
鵜匠さんなど鵜舟に乗る主役クラスは良く知られているのですが、観覧船の準備や片付けをする方々の存在や作業が意外に知られていません。
料理を運ぶ人々や観覧船を操舵する船頭さんなど観覧船に乗って鵜飼を見物されるお客さんが、快適に鵜飼を見物することができるよう心配りをしています。
鵜飼を陰で日々支える方々の仕事を体験していくなかで、こどもたちに一番伝えたかったことは「鵜飼に関わるみなさんは、川が好きだ」ということです。軽作業スタッフや観覧船事務所長の長良川や鵜飼への思いは伝わったでしょうか。

こどもたちの感想レポートこどもたちの感想レポート

修了式で一人ずつ感想を述べてもらいました。印象に残ったコメントは、「こうした仕事があるからこそいつも楽しく鵜飼を見ることができるのだと気づきました」、「鵜飼は良く見ていたけど、細かいところまでキレイにしてお客さんをおもてなしをすることも大切だと感じました」など長良川や鵜飼への理解を深めてくれたと感じました。

受け入れ先の感想レポート受け入れ先の感想レポート

長良川鵜飼観覧船事務所の林所長は、「日の当たらない仕事を丁寧にやり遂げるスタッフがいて初めて、お客さんが満足する鵜飼をお見せすることができるという点を子どもたちは理解してくれた。これからも鵜飼や長良川に興味を持ち続けて欲しい」と話していました。
安全に海を楽しむこと、自然や生き物に対する気配りの大切さがガイドの仕事には必要だと伝えられた。
いつか海のガイドの仕事を担う大人になってくれたら嬉しいです。

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート