海のお仕事図鑑海のエンターティナーのお仕事海のエンターティナーのお仕事

海のエンターティナーのお仕事

海のエンターティナーのお仕事の特徴海のエンターティナーのお仕事の特徴

「海洋民族の歴史と伝統を踊るフラガール」

「フラガール」というのは、ハワイやタヒチなどポリネシアの伝統的な民族舞踊フラダンスを踊るお仕事です。
フラガールが誕生したのは、1991年福島県いわき市にできた温泉観光施設の目玉企画でした。常磐炭鉱の閉鎖で、元気が無くなってしまった町の希望の星として登場しました。
フラガールの活躍が評判となって、全国からいわき市に観光で訪れる人が増え、街は活気を取り戻しました。
東北大震災の後、フラガール達は全国を駆け回り、震災復興の元気なシンボルになっています。

フラガールを目指す人にさらに一言フラガールを目指す人にさらに一言

日本ではフラダンスと呼んでいますが、「フラ」というのはハワイの言葉で「踊り」という意味です。フラとダンスを繋げると、ダンスダンスになってしまいちょっと変ですね。
「フラ」とは、文字を持たないポリネシア(ハワイやタヒチ、サモアなど)の人々が、民族の歴史を語り継ぎ、海洋の神々と交流し、信仰の気持ちを伝える歌と踊りのことです。
踊りの動作、指の動きなどの一つ一つに意味があり、物語が語られています。
日本人も海洋国家・魚食民族として海の神様をうやまってきました。漁師さんが金毘羅さんなどの神社にお参りしたり、絵馬を奉納したりするのも同じですね。
フラを踊ることは、我々日本人も同じ海洋民族としての思いを共有することに他なりません。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

海の芸術家のお仕事の1日

海のお仕事体験レポート

【海のお仕事体験レポート】は、皆さんのお仕事体験の様子を動画とレポートで紹介し、
海にまつわる多彩なお仕事を解りやすくビジュアルで紹介していきます。

フラガール体験の様子

おしごと内容おしごと内容

入社式を終え、ハワイアンズダンシングチームの一員になった子どもたち。フラガールの先生から、一日のスケジュール、フラガールになろうと思ったきっかけ、ショーに出るときに心がけている「アロハ」の心などを教えていただきました。
舞台に立つうえで大切なことを教わったら、いよいよダンスレッスンです。「月の夜は」という有名なフラダンスの振付を教わりました。大きな波、さざ波など、「海」にも思いを馳せる踊りです。子どもたちは、難しい振りも積極的に、どんどん覚えていきます。
昼食をはさんでショーの見学、先輩方の技術を「見て」学びます。ステージに上がれるコーナーもあり、子どもたちは学んだことを生かしながら、ステージでのダンスを体験しました。その後は「フラミュージアム」を見学し、いわきでフラダンスが有名になった歴史や、いわきの人々がフラにこめた思いを学びました。
レッスン室に戻ったら、満を持して子どもたちだけで「月の夜は」を披露するショータイムです!自分たちだけでのダンスに、緊張を隠せない子どもたち。先生から「笑顔で」というアドバイスをいただいて、最後には先生方プロのフラガールと一緒に、今日一番のフラダンスを披露しました。

こどもたちに伝えたことこどもたちに伝えたこと

フラガールのお仕事は、見てくれる人たちに「笑顔」と「感動」を届けるお仕事。何よりも、自分が楽しく踊るということが大切です。そして、「海」などの自然に感謝の思いを伝えることも大切なテーマの一つです。
フラダンスは、自然を身体で表現する「手話」です。波、魚、ヤシの木、月など、フラダンスの振付には一つ一つ意味があり、言葉にしなくても思いが伝わるダンスなのです。
フラダンスを踊る上で大切なのは、「アロハ」の心です。「アロハ」には、思いやりや協調性、喜び、素直な心、そして忍耐といったさまざまな意味が込められています。この「アロハ」の心で、自然への感謝の気持ちと一緒に、フラダンスを踊るのです。
もちろん「アロハ」の心が必要なのは、フラダンスを踊るときだけではありません。生活をしていて楽しい時もあれば、大変な時もあります。それらすべての時に、自分と関わってくれる人に対して「アロハ」の心を持てることが大切なのです。

こどもたちの感想レポートこどもたちの感想レポート

あこがれのダンサーとフラをおどれてよかった。 1つ1つのポーズにいみがあって、そのポーズが楽しかった。とても楽しく、またやってみたいと思った。
また、踊るにあたっては手や足のふりがすべてではなく、心が大事だと分かった。「アロハ」の意味を知ったことで、気軽に言っていたけど、こんな意味が込められていてすごいと思った。アロハの心で友達などと接したいと思った。

受け入れ先の感想レポート受け入れ先の感想レポート

子どもたちが、一生懸命振りを覚えて発表出来ていて、素晴らしいと思った。ダンサーとのレッスン、一緒に踊ったことだけではなく、アロハの挨拶の意味、フラダンスの踊りの意味等、参加されたお子様と保護者の方にご理解をいただいたことが、とても良かったと思う。

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート