海のお仕事図鑑最新技術を使った海のお仕事最新技術を使った海のお仕事

最新技術を使った海のお仕事

最新技術を使った海のお仕事の特徴最新技術を使った海のお仕事の特徴

「大学のロボット工学センターで開発された、海のゴミ拾いロボットの働き」

人間が日常生活の中で出したゴミや、台風や集中豪雨によって押し流された瓦礫も海のゴミになります。
川から海に流れ出たゴミは、海流に乗って世界の海を漂ってゆきますが、いずれどこかの海岸に流れ着きます。川から流れ出たゴミがすぐ近くの海岸に打ち寄せられることもよくありますが、それは海水浴場のような砂浜とは限りません。
人がゴミを集めるのが困難な磯場や岩場の海岸で活躍するのがゴミ拾いロボットです。工業大学の研究成果によって生み出された最新鋭の機械は人間の能力をはるかに超えた働きを期待されています。海洋保全には無くてはならないパートナーです。

最新技術を使った海のお仕事を目指す人にさらに一言最新技術を使った海のお仕事を目指す人にさらに一言

最近、海洋ゴミの話題が目につきますね。マイクロプラスチックという言葉もよく聞くようになってきました。
海のゴミ、中でもプラスチックゴミが問題なのは、海の生態系に影響を与えているからです。レジ袋の残骸や漁網の切れ端に絡まって死んでしまう生物が数多く報告されています。また、プラスチックが海流に揉まれるうちにどんどん小さくなって、マイクロプラスチックになると、魚介類がエサと一緒に飲み込んでしまうことが報告されています。
海の魚や貝は私たちの食卓に上ります。本当に細かなプラスチック片は、それと気付かずに食べてしまいます。今、海のゴミを減らす努力をしないと、食生活をはじめとする人間の生活環境そのものが破壊されてしまいます。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

最新技術を使った海のお仕事の1日

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート