海のお仕事図鑑最新技術を使った海のお仕事最新技術を使った海のお仕事

最新技術を使った海のお仕事

最新技術を使った海のお仕事の特徴最新技術を使った海のお仕事の特徴

「大学のロボット工学センターで開発された、海のゴミ拾いロボットの働き」

人間が日常生活の中で出したゴミや、台風や集中豪雨によって押し流された瓦礫も海のゴミになります。
川から海に流れ出たゴミは、海流に乗って世界の海を漂ってゆきますが、いずれどこかの海岸に流れ着きます。川から流れ出たゴミがすぐ近くの海岸に打ち寄せられることもよくありますが、それは海水浴場のような砂浜とは限りません。
人がゴミを集めるのが困難な磯場や岩場の海岸で活躍するのがゴミ拾いロボットです。工業大学の研究成果によって生み出された最新鋭の機械は人間の能力をはるかに超えた働きを期待されています。海洋保全には無くてはならないパートナーです。

最新技術を使った海のお仕事を目指す人にさらに一言最新技術を使った海のお仕事を目指す人にさらに一言

最近、海洋ゴミの話題が目につきますね。マイクロプラスチックという言葉もよく聞くようになってきました。
海のゴミ、中でもプラスチックゴミが問題なのは、海の生態系に影響を与えているからです。レジ袋の残骸や漁網の切れ端に絡まって死んでしまう生物が数多く報告されています。また、プラスチックが海流に揉まれるうちにどんどん小さくなって、マイクロプラスチックになると、魚介類がエサと一緒に飲み込んでしまうことが報告されています。
海の魚や貝は私たちの食卓に上ります。本当に細かなプラスチック片は、それと気付かずに食べてしまいます。今、海のゴミを減らす努力をしないと、食生活をはじめとする人間の生活環境そのものが破壊されてしまいます。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

最新技術を使った海のお仕事の1日

海のお仕事体験レポート

【海のお仕事体験レポート】は、皆さんのお仕事体験の様子を動画とレポートで紹介し、
海にまつわる多彩なお仕事を解りやすくビジュアルで紹介していきます。

『ビーチクリーンロボット』と海をきれいにしている様子

おしごと内容おしごと内容

福岡の海を守る“ビーチクリーンロボット”。海岸に散乱するゴミを拾い運ぶのは重労働です。
そんな時に人間を助けてくれるのが“ビーチクリーンロボット”です。
ビーチクリーンロボット”の研究開発をすすめる九州工業大学の林先生とその研究室の生徒、そして海岸清掃活動を続ける「われら海岸探偵団」の皆様は、「海を守る」お仕事を続けています。
“ビーチクリンロボット”の役割、「海を守る」事の大切さを子供達はお仕事大変を通じて学びました。

こどもたちに伝えたことこどもたちに伝えたこと

四方を海に囲まれる日本は海が無いと成り立たない国で、海から様々な恩恵を受けています。
そんな海をキレイに保つ事はそこで暮らす人々の努力なくしてはできません。
子供達に「海をキレイに保つ」お仕事を実践している方々の話を聞かせ自ら清掃活動を行う事で、人々の努力によってキレイな日本の海が保たれている事を伝えました。

こどもたちの感想レポートこどもたちの感想レポート

  • 海の環境を守るためにロボットを使った活動があるのを知ってびっくりした。
  • 海岸に予想以上にゴミが多くて驚いた。
  • 「普段食べている信州サーモンなどが、このように開発されたものだったと分かった」
  • 海岸の清掃をしてくれている人がいなかったら、海はゴミだらけになる。そうなると魚も食べられなくなると思った。

受け入れ先の感想レポート受け入れ先の感想レポート

  • これをきっかけに“日本と海の関係”について少しでも考えてくれたらうれしい。
  • この体験で学んだことを学校などで友達に広めて欲しい。
  • 色々な形で自分にも「海を守る」活動ができる事を知って欲しい。

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート