海のお仕事図鑑鮮魚流通のお仕事鮮魚流通のお仕事

鮮魚流通のお仕事

鮮魚流通のお仕事の特徴鮮魚流通のお仕事の特徴

「量販店の鮮魚売り場が果たす流通の役割」

魚介類は漁師さんが海で獲って水揚げしてから、家庭の食卓、料理店のテーブルに出されるまでに多くの手を経由してきます。
今と違って冷蔵設備が整っていなかった時代には、生の魚は地元での消費が基本でした。あとは干物、缶詰、塩漬けの魚介類です。
コールドチェーンの発達は鮮魚の流通を劇的に変化させました。今では家にいながらにして日本中の魚、世界中の魚を食べられます。鮮魚の流通は漁場の市場から消費地の市場へ、仲卸から鮮魚店、料理店へと渡ります。
仲卸さんも鮮魚店さんも魚の目利き(めきき)です。魚介類の旬、産地、美味しい食べ方を熟知するプロフェッショナルです。

鮮魚流通のお仕事を目指す人にさらに一言鮮魚流通のお仕事を目指す人にさらに一言

魚介類の流通は昔も今も基本的には変わりません。漁場の市場から消費地の卸売市場へ、そこから鮮魚店を経て食卓に届きます。
スーパーマーケットなどの量販店の登場により、消費者のニーズはより大量により安くが基本の流れとなります。鮮魚の流通も同様です。産地の市場から、あるいは漁業者から直接仕入れることが消費者のニーズに合うと考えられました。
ところが、最近では、食の安全安心に加え、魚を美味しく食べたいと言う消費者ニーズの高まりにより、量販店・百貨店の鮮魚売り場も目利きの職人さんを置くようになってきました。
“魚食の民”日本人にとっては好ましい傾向です。海の環境を守り、これからも旬の美味しい魚介類が食べたいですね。

お仕事プロフィールお仕事プロフィール

「必要な能力」と「1日のスケジュール」を紹介しています。
「必要な能力」も「1日のスケジュール」もお仕事により異なります。どのように働いているのか、のぞいてみましょう。

必要な能力

鮮魚流通のお仕事の1日

海のお仕事体験レポート

【海のお仕事体験レポート】は、皆さんのお仕事体験の様子を動画とレポートで紹介し、
海にまつわる多彩なお仕事を解りやすくビジュアルで紹介していきます。

鮮魚店のお仕事体験をする様子

おしごと内容おしごと内容

  1. ①新人研修・・・水産業界やタカマル鮮魚店、魚が取れるまでの流通経路や水産業界の問題について学びました。
  2. ②実技研修・・・店内の見学から始まり、魚の串打ち、お寿司づくり、商品の陳列、店頭の声掛けを行いました。
  3. ③感想・・・実際に作ったお寿司を試食し、それぞれ感想を聞いて回りました。

こどもたちに伝えたことこどもたちに伝えたこと

座学では水産業界やタカマル鮮魚店について知ってもらい、魚が獲れてから家庭の食卓に並ぶまでを知ってもらいました。
その勉強をもとに魚の串打ちやお寿司づくりなど子供たちができる範囲で体験してもらうことで、自分たちが普段買っているものがどうやってできているのかを身をもって感じてもらいました。
今回を機に鮮魚店や魚、海について少しでも興味を持ってもらえたらと思いました。

こどもたちの感想レポートこどもたちの感想レポート

  • 声を出して売れるのが良かった
  • お寿司を握る側の体験が出来て良かった。
  • 串打ちのやり方を学べてよかったです。
  • 大人になったら魚屋さんで働きたいと思いました。 

受け入れ先の感想レポート受け入れ先の感想レポート

  • 子供たちが積極的に参加してくれてよかったです。
  • 子供たちが自分たちで売り切ったときには感動しました。
  • 教える側も丁寧に教えようと必死でした。
  • 魚や水産業界に興味を持ってもらうにはいい機会だと思います・

海のお仕事図鑑最新アップデート海のお仕事図鑑最新アップデート